【旅行記】カジノの街ポイペトで一稼ぎ?【カンボジア】

前回の記事【旅行記】バンコクから陸路でカンボジア入国【カンボジア】

カジノの街ポイペト


ポイペトの街について簡単に説明をしておこうと思う。ポイペトはタイのアラヤンプラテートと面するカンボジアの入り口である。また、ポイペトは密貿易のセンターでもあり、禁輸品ははじめとして多くの物資がアラヤンプラテート側の市場へと流れ込んでいるそうだ。
トゥクトゥクでイミグレーションに向かう道中に市場を見かけたが、そこでポイペトから密輸された物資が売られていたのであろうか。

そして、ポイペトはカジノ街である。これが今回の旅行でこの街を訪れた1番の理由である。ちなみに、もう1つの理由はバンコクから直接シェムリアップまで陸路で移動するのは体力的にしんどいからである。
タイでは法律で賭博が禁止されている。そのため、タイ人富裕層はわざわざ隣国であるカンボジアまでカジノをするために足を運んでいるのである。
そう、ポイペトはタイ人のために存在するカジノ街なのである。
カンボジアでは基本的に自国の通貨であるリエルと米ドルが流通しているが、このポイペトに限ってはバーツのほうが使い勝手がいいのである。
また、ポイペトの人たちは母国語であるクメール語に加えてタイ語を話すことが出来る人が多い。おそらくこの街ではいい職業に就くためにはタイ語を話すことが必須なのであろう。

入国手続きが終わり、いざスターベガスへ


どのカジノに泊まって遊ぶかはYくんが調べてくれていた。
Yくんによると、「スターベガス」というカジノホテルがポイペトの中では一番規模が大きく、サービスも充実しているそうだ。
しかも、プロモーションチップを購入することで無料でホテルに宿泊できるらしい。
プロモーションチップとは、換金することができないチップのことである。もちろん、プロモーションチップでゲームをプレイして得たチップは換金することが出来る。カジノ側としても、プロモーションチップに替えてもらうことで少なくともその額はプレイしてもらえるにで、売上が読めるようになるという利点がある。そのため、宿泊費を無料にするなどのサービスを付けてプロモーションチップに替えてもらおうとするのだ。

「ポイペトにポーカーの卓があるカジノってありますか」
入国手続きの列に並んでいる際にYくんが前述の日本人のおじいちゃんに尋ねた。どうやらYくんはポーカーをやりたいらしい。
「オレはスロットしかやらねえから分かんねえが、なじみの店にはないな、どのカジノに行く予定なのかは決まってんのか」
「スターベガスに行こうと思っています」
「あそこは新しいしあるかもしれないな」
あるかもしれないらしい。そうこうしているうちに入国手続きが終わった。
「スターベガスはつぎの道を左に行ったところにあるよ、それじゃあな」
おじいちゃんは別のカジノに行くので入国手続きを済ませた後別れた。

数時間前のスコールでぬかるんだ道を10分ほど歩くとそれらしき建物が見えてきた。

スターベガスに到着、でも・・・


スターベガスの入り口には、タイのパタヤで走っているソンテウに似た送迎車が停まっていた。
「初めからあれに乗れば良かったじゃん」
とYくんと笑いながらカジノホテルのフロントに向かった。

ホテルにチェックインしようとフロントへ向かったが、どうやらスターベガスは満室で泊まることが出来ないそうだ。
スターベガスから5分ほどさらに歩いたところに「スターパラダイス」という系列店があるらしく、そちらは泊まることができると言われた。当初の予定からは外れるが、その系列店にもカジノはあるらしいのでスターパラダイスにいくことにした。

スターパラダイスに行く前に、せっかくなのでスターベガスのカジノを見学することにした。
仰々しいセキュリティチェックを抜けてカジノ内に入ると、意外と奥行きがあって広かった。
まだ夕方と時間も早いこともあり半分くらいのテーブルは使われていなかったが、それなりに活気があった。
ぶらりと場内を一周しながらYくんお目当てのポーカーを探していたが、その時点で遊ばれている卓に見つけることはできなかった。
タイ人はバカラが好きなのか、大半の卓がバカラをプレイしておりブラックジャックは2,3卓しかなかった。

一旦、スターベガスを後にしてスターパラダイスに向かった。スターベガスのフロントで言われた通り5分ほど歩くと同じような建物があった。

スターパラダイスのフロントでホテルのチェックインを済ませた。
土曜日だったので平日の1.5割増しの宿泊料だったが、仕方がない。また、プロモーションチップもなかった。

部屋に入る前にスターパラダイスのカジノも見学した。スターベガスと比べて小さく、またプレイされているテーブル数も少なかった。
「ここはないな」とYくんと意見が一致してポイペトの街を散策してからスターベガスでカジノをすることにした。

あとがき(2017年10月23日追記)


カンボジア旅行記は以上で終わりです。
敢えて中途半端な状態で終わらせることによって読者が想像する余地を残す高度な技法を用いました。

嘘です。正直に言います。途中で力尽きました。

また、懲りずに別の旅行記を書いているのでそちらもよろしくお願いいたします。

【旅行記】韓国カジノ旅行~その1~【韓国】

【旅行記】バンコクから陸路でカンボジア入国【カンボジア】

海外旅行行きたい。でも、仕事が忙しくて行けない。
ということで、今回は旅行記を書きます(唐突)。しかもエッセイ風に。
大学生活最後の春休み、今年の3月にタイ・カンボジア旅行をしたのでその時の思い出を綴っていきます。
大学の同期とタイ(バンコク・パタヤ)を観光し、バンコクで別の友達と合流してカンボジアを観光しました。
今回は、バンコク(タイ)から陸路でポイペト(カンボジア)に行ったときの思い出について書きます。
また、別の記事で今回の旅行であった他の出来事についても書きたいと思います。

以下、エッセイ風旅行記です。どうぞ。

バンコクで友達と現地合流


ぼくは、ショッピングモールのミスタードーナツでキョロキョロと周りを見回していた。
約束の11時になったが友達が現れる気配がない。
仕方がないので時間を潰すためにモール内を散策してみたが、それも数分で飽きてしまった。
「ごめん、待った~?」
気の抜けた日本人の声がしたので振り返ると友達がいた(以降、Yくんとする)。
「いや待ったに決まってるだろ」
と怒りながらも、無事合流できた安堵が勝り自然と笑みがこぼれる。

遅刻した訳を聞くと別のショッピングモールのミスタードーナツに間違えて行ってしまっていたみたいだった。
カンボジア国境まではビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)の近くにあるロットゥー乗り場から行けるという情報を得ていたので、その近くのミスタードーナツで待ち合わせの約束をしていた。どうやらこの近くにもう一軒ミスタードーナツがあったらしい。
「これがグローバリゼーションか」
と見当はずれなことを思いつつミスタードーナツを後にした。

いざロットゥー乗り場へ


ロットゥーとは、乗り合いバンのことである。
事前に調べてきた情報をもとにロットゥー乗り場に向かった。ただ、いくら探してもロットゥー乗り場が見つからない。
ロットゥー乗り場があるはずの場所をしばらくうろうろしていると、
「ロットゥー乗り場なら移転したよ」
と親切な地元民に教えてもらった。
どうやらビクトリーモニュメント周辺の混雑緩和のためにロットゥー乗り場は移転されたみたいである。
「アランヤプラテート(国境のタイ側の街)行きのロットゥーはどこから乗れるのか」
親切なタイ人に尋ねた。どうやらエマカイに行けばいいらしい。

ロットゥー乗り場の移転についての詳しくまとめているサイトがあるので詳細が気になる方はこちらからどうぞ。

今度こそロットゥー乗り場へ


ビクトリーモニュメントからエマカイへはBTS(スカイトレイン)で1本で行ける。
今度は無事にロットゥー乗り場にたどり着いた。
アランヤプラテート行きのチケットを購入することができた。
タイ語しか書かれていないので行き先が読めないがおそらくアランヤプラテートで間違いないだろう。

アランヤプラテート行きチケット

窓口のおばちゃんが、
「いそげ、もうすぐロットゥーが出発する」
タイ語は分からないがおそらくこんな感じのことを言ってきたので乗り場に急ぐとほとんど出発するところだった。
ロットゥーの扉が閉まる直前にドライバーにチケットを見せて無事乗ることが出来た。

アランヤプラテート行のロットゥー車内

車内から撮影したロットゥー車内の写真である。かなり窮屈だった。
正確には覚えていないが、エカマイからアランヤプラテートに着くまでには4~6時間ロットゥーに乗っていた。
道中することもないので、景色を眺めていた。東南アジア特有のスコールには2,3回ほど遭遇した。
遭遇したといっても車内にいるので関係はないのだけれども。

アランヤプラテート到着


そろそろエコノミー症候群になりそうだなと思っていると、ロットゥーが止まった。
どうやらアランヤプラテートに到着したみたいだ。
だが、ロットゥーから降りるとそこは原っぱだった。
少し困惑していると、
「国境はここから歩いて10分先だよ」
不意に日本語で話しかけられたので驚いてしまった。てっきりロットゥー車内には日本人はぼくたちだけと思っていたが、前に座っているおじいちゃんも日本人だったようだ。
そのおじいちゃんがトゥクトゥクを呼んでくれたのでご一緒させてもらった。
国境までの道中では、そのおじいちゃんの話を聞いていた。
元々日本企業に勤めていてタイに駐在していたが、定年後も居心地がいいのでそのままタイに住み続けることを選んだそう。
ポイペトへはカジノをしにたびたび行くとのことだった。

タイ出国手続き、いざポイペトへ


そうこう話しているうちにイミグレーションに到着した。イミグレーションはタイ人と外国人で分かれていた。
タイ人側の出国手続きには長蛇の列が出来ている一方で外国人のほうはがら空きだった。
陸路での国境越えは初めてだったので緊張していたが、パスポートとタイに入国する際に記入した出入国カードを見せてニコニコしているだけで問題なく出国することが出来た。

だが、Yくんの様子がおかしい。時間が掛かるなと思っていたら係の人が別の担当者を呼び始めた。
2人がかりでYくんのパスポートを懸命に調べているのである。
それから5分後くらいにようやくYくんが出国手続きを完了させてぼくたちの元へ来た。
どうやら陸路でタイに2回入国していたのが原因だった。
アライバルビザでは、1年に2回までしか陸路でタイに入国できないらしい。
これには、ビザ免除制度を利用した長期滞在を防ぐ目的があるそうだ。
タイは東南アジアを周遊する際のハブとなると思うのでバックパッカーの皆さんは気を付けた方がいいですよ。

出入国カード

出国手続きをした後は忘れないうちに入国手続きも済ませた。ぼくは日本でYくんはタイでカンボジアのビザを取得していたので入国手続きはスムーズに終わった。

日本人のおじいちゃんとは行く予定のカジノが異なっていたので入国手続きを済ませた後別れた。
そして、ぼくたちはスターベガスへと向かった(つづく)。

【旅行記】カジノの街ポイペトで一稼ぎ?【カンボジア】

陸路入国回数の制限については、在タイ日本国大使館ウェブページから詳細を確認することが出来ます。

【PokerStars】Power Up徹底解説

今回は最近アルファ版がリリースされたPower Up(パワーアップポーカー)についての記事を書こうと思います。

(2017年10月23追記)
10月20日にベータ版がリリースされましたね。
7月にアルファ版がリリースされて以来何の音沙汰もなかったのですが、どうやら水面下で開発を継続していたみたいですね。
本記事の内容はアルファ版をもとにして書いているため現在のものと異なる可能性があります(というか異なります)。
なので本記事の最後に追記という形で変更点を補足します。

Power Upとは


Power Upは、従来のポーカーに、”Power”と呼ばれる能力を追加した新しいゲームです。
Powerには、ホールカードを変更したり、特定のカードを使えなくするなどの効果があり、プレイヤーはそれらの能力を駆使することでより戦略的なポーカーをプレイすることが出来ます。

Power Upの遊び方


一応、PokerStarsの公式ページにもPower Upの遊び方の説明が載っているので共有しておきます(https://www.pokerstars.com/powerup/guide/)。まだ日本語には対応していないみたいです。

基本的には、テキサスホールデムのSpin&Goと同じです。

Power Upゲーム画面

ゲームの開始画面です。画面中央の青唇がぼくのキャラクターです。アバターはゲーム開始時にランダムで割り当てられます。

各プレイヤーはゲーム開始時点に2500チップと10エナジーを持っています。また、ランダムでPowerを3つ持っています(以降、プレイヤーの持っているPowerをデッキと呼ぶことにします)。デッキは、他のプレイヤーには非公開です。当然、自分も相手のデッキカードを見ることはできません。

Powerには9種類あります(2017年7月9日現在)。それらの効果の詳細については別の記事で解説する予定です。

ちなみに、ゲーム開始時点でのチップ数とエナジー数はアップデートのたびに変更されているのでまだ運営側も調整中だと思われます。

Power選択

それでは、さっそくPowerを使用してみましょう。今回は”Intel”というPowerを使用します。このPowerを使用することで次に配られるカードを1枚見ることができます。今回だとフロップのうち一番左端のカードを見ることができます。

Powerを使用するにはエナジーが必要です。Powerの一番上に書かれている数字がPowerを使用するために必要なエナジー数を表しています。Intelだと3エナジーが必要になります。

Power使用

それでは、Intelを使用してみましょう。Intelを使用することでエナジーの残高が7になりました。

Powerの効果

Intelを使用することで次に配られるコミュニティーカードが9♣ということが分かりました。

また、Powerは毎ベッティングラウンドに任意の数だけ使うことが出来ます。なので今回の場合、Intelを使用した後に残りのPowerを使用することが出来ます。

1ゲームが終了するごとにエナジーが2追加されます。エナジーの上限は20です。
また、Powerが2以下の場合は1つ追加されます。公式によると基本的にデッキ内のPowerは重複することはないそうです。つまり、Intelをすでに持っている場合はIntel以外のPowerが補充されます。基本的にと書いたのは、Powerの中には他のPowerをコピーするものがありそれを使うとデッキ内に同じ種類のPowerをもつことが出来るからです。

Power Upで遊んでみた感想


実際のポーカーでもそうなんですけど、明らかに自分の手が強いと相手は勝負に乗ってきません。
折角Powerを使用して強い手を完成させたのに相手が勝負に乗ってこないと損をした気分になります。

あとレイトポジションが有利です。これも実際のポーカーと同じです。ベットするタイミングでのみPowerを使用することができます。なので当然レイトポジションのほうがより情報を得た状態でPowerを使用することが出来ます。

オールイン

All-inをするとコミュニティーカードの枠線が赤色に囲まれます。Power UpのルールでAll-in後はコミュニティカードは保護されることによります。Powerにはコミュニティーカードを破壊する効果を持つものがあり、All-inをすることによりコミュニティーカードをPowerによる攻撃から防ぐことができます。これによって、通常のポーカーよりAll-inが多用されるのではないかなと思いました。

Power Upの今後


現時点(2017年7月8日)では、Play MoneyでしかPower Upをプレイすることが出来ません。また、Spin & Go形式でしかPower Upをプレイすることができません。
今後はどうなるのでしょうか。
公式のFAQによると、

Q:Do you intend to release the game for real money?
A:Yes. We don’t currently have a definitive time frame, but will keep you posted when we are closer to a real money launch date.

まだ時期は未定らしいですが、今後はReal Moneyでも遊べるようになるみたいですね。
ゲームの形式については、言及がありませんでした。しばらくはSpin & Go形式のみでしかPower Upは遊べなさそうです。

次回の投稿では、Powerについてフォーカスした記事を書きたいと思います。

【PokerStars】Power Up徹底解説~Power編~【テキサスホールデム】

ベータ版変更点(2017年10月23日追記)


細かいところは色々変わっていますが、アルファ版とベータ版の大きな違いは何と言ってもリアルマネーを掛けることができるようになったことです。
バイイン額は1$、3$、7$の3つから選べます。公式によると10月23日からバイイン額として15$も選択できるようになったとありますが10月23日現在ぼくのPokerStarsゲーム画面からは選択できません。
時差でしょうか?まあおそらくこれから選択できるようになるのだと思います。

ゲームの構造が変化しました。変化していないものも含めてアルファ版とベータ版でのゲームの構造を示します。
※アルファ版のデータは2017年7月9日、ベータ版のデータは2017年10月23日のものを用いています。

項目 アルファ版 ベータ版
開始時のチップ数 2500 2000
開始時のエナジー数 10 変更なし
最大エナジー数 20 15
開始時のパワー数 3 2
最大パワー数 3 変更なし
回復パワー数 各ハンド終了時に+2 変更なし

開始時のパワー数が3から2に減り最大エナジー数が20から15に減ったことでアルファ版に比べベータ版のほうが素のポーカーの実力が勝負に与える影響が大きくなったように感じます。
とりあえず、今回の追記はこんな感じです。
アルファ版ベータ版と来たので次は正式リリースですかね。

今回の記事とは関係はないですが、カジノ旅行記も書いているのでそちらにも興味あれば是非。
【旅行記】韓国カジノ旅行~その1~【韓国】

あと、そういえばベータ版ではアバターの種類が増えました。
ゲームには全く影響がないので書き忘れました。
わざわざアバターを増やしたということは今後アバター固有の能力も追加されるのでしょうか。