【旅行記】韓国カジノ旅行~その2~【韓国】

本記事は、【旅行記】韓国カジノ旅行~その1~【韓国】のつづきです。

前回のあらすじ


突如生じた4連休で韓国(ソウル)にカジノをしに行くことにしたハヤシ。
飛行機の機体不良により離陸が予定より遅れたり、機内で韓国人に間違われてハングル文字で書かれた入国カードを貰ったりなど様々なトラブルに巻き込まれるも、ハヤシは持ち前の機転を活かしてこれらのピンチを切り抜ける。
そんな描写はない。
仁川空港でYくんと合流して、まず向かった先はパラダイスシティカジノ。
大小のテーブルに着いたハヤシは、サイコロの出目の傾向を読み切り「大」に一点掛け。
読みが当たり、5万ウォンを獲得するという幸先のよいスタートを切った。
果たして、ハヤシはその5万ウォンをどこまで増やすことが出来るのか。乞うご期待。

小休憩


腹が減っては戦はできない。
大小での初陣を終え、次の勝負に行く前にカジノ内のレストランに行くことにした。
パラダイスシティカジノでは、カジノのプレイ実績(テーブルゲームであれば、平均ベット額×プレイ時間)に応じてポイントが貯まり、そのポイントを使ってレストランで食事をとることが出来る。
ご飯は1食3000ポイント、アルコール類は2000~3000ポイントで頼める。
3000ポイントと言われてもピンと来ないだろうから説明すると、ミニマムベット(1万ウォン)でも3~4時間遊んでいれば貯まるくらいの額である。

3、4時間遊べば貯まるといってもまだ大小をプレイしただけで10分も経っていない。このままではご飯を食べることが出来ない。
だが、心配は無用。
新規会員登録の際に、7万ウォンのベッティングクーポンに加え3000ポイントも貰っていたのである。
「何もせずとも1食くらいはくれてやるよ」ということである。なんて太っ腹な。

「じゃあお言葉に甘えて」と、ルーレットやバカラ、BJ(ブラックジャック)で賑わっているテーブルをわき見にカジノの奥にずんずんと進んでいくとレストランにたどりついた。
レストランの入り口には、カジノのスタッフが待ち構えていた。
食事はビュッフェスタイルで、入り口でメンバーズカードを提示してポイントを先払いするシステムのようだ。
受付のお姉さんにメンバーズカードを提示するとすんなりとレストランの中に入ることが出来た。

ビュッフェは、キムチやカルビなど韓国料理が多かった。
ビュッフェを食べながら、YくんにパラダイスシティカジノのBJの注意点を教わった。
食事のときもカジノかよと突っ込まれるかもしれないが、そのカジノをしにはるばる海を渡って韓国に来ているのでそれは仕方がない。
BJのルールはカジノによって若干異なり、そのルールによって戦略が少なからず変わってくるので、ハウスルールを把握しておくことは大事である。

要点をまとめると(細かいので興味ない人、分からない人はここは飛ばしてもらっても大丈夫です)、

  • パラダイスシティでは、カードを配るのにシャッフルマシーン(通称、かたつむり)を採用しているのでカードのカウンティングが実質不可能である。毎ゲームごとにカードをシャッフルしない台においては、すでに出たカードを覚えることで場がプレイヤーに有利かディーラーに有利か判断することできる。
  • ノーホールカードである。ホールカードとは、ディーラーが伏せているカードのことであり、これがないとは、即ちプレイヤー全員のアクション完了後にディーラーが2枚目のカードを引くということである。
  • アーリーサレンダーである。サレンダーとは、ベット額の半分を払うことで勝負から降りることである。アーリーサレンダーでは、ディーラーがホールカードを確認する前にサレンダーをすることができる。レイトサレンダーの場合、ディーラーがホールカードを確認してBJでない場合に限りサレンダーをすることができる。パラダイスシティでは、ノーホールカードが採用されているので必然的にサレンダーはアーリーサレンダーとなる。また、ディーラーのアップカードがAのときはサレンダーできない。
  • スプリット後のダブルダウンは可能である。スプリットとは、ディーラーから配られた最初の2枚が同じ数の場合にベット額と同額を追加ベットすることでカードを2つに分け、それぞれに2枚目以降のカードを追加することである。ダブルダウンとは、次に1枚だけしか引けない代わりに掛け額を倍にすることである。
  • Aをスプリットした後は、カードを1枚しか引くことが出来ない。また、Aをスプリット後に10,J,Q,Kを引いてきて21が完成した場合にはBJとならずに21と扱う。

敗走


前回のあらすじで散々煽ったにも関わらず見出しで盛大にネタバレしていますね。
これには、杏子ちゃんもびっくり。
気を取り直して、以下どうぞ。

腹ごしらえも済んだし、Yくんにハウスルールを教わって準備は万端。
ちょうどミニマムベットが1万ウォンのBJのテーブルの右端に1席空きがあったのでそこに座った。
久々のカジノに少し緊張しながらも1万ウォンをベッティングサークル(チップをベットする場所)に置く。
ディーラーがカタツムリからカードを取り出す。
右端の席(ディーラーから見て左端の席)に座っているので一番最初にカードが配られる。
1枚目は10、なかなか悪くない。
10と絵札(J、Q、K)は10として扱われるので約30%(4/13)の確率で20が完成する。また、Aが来ればブラックジャックだ。
2枚目は4、そしてディーラーのアップカードは9だった。最悪ではないが、あまり好ましくない状況である。

改めて説明するまでもないが、BJというゲームは21を超えない範囲で21により近い方が勝つゲームである。
カジノの場合、この勝負はディーラーとプレイヤー間で行われ、ディーラーとプレイヤーともに21を超えた場合(バスト)は、ディーラーの勝ちとなる。
ディーラーは、自分の手札の合計が17になるまで自動的にヒット(カードを引く)することを義務付けられている。
そのため、最終的なディーラーの手札の合計は、17、18、19、20、21、バスト(21以上)のいずれかになる。
つまり、プレイヤーは17以上の手札を作らなければディーラーがバストするのを期待するしかないのである。
逆に言えば、プレイヤーは17以上の手札を作らなくてもディーラーがバストすれば勝負に勝つことができる。

今回の場合、自分の手札の合計は14なのでバストするリスクを犯して17以上の手札を作りに行くか、ディーラーがバストするのを期待してステイ(カードを引かないこと)するか、あるいは勝負から降りる(サレンダーする)という3つの選択肢がある。

期待値的には、バストするリスクを犯してヒットするのが最善手である。
ディーラーのアップカードが9の場合、バストする確率は25%未満であり、これはヒットした際にディーラーより強い手札を作る確率よりも数%低い。
なので、合理的に考えればここはバストを恐れずヒットする場面である。

だが、合理的に行動ができないのが人間の弱さである。いや、ぼくの弱さである。
自分の弱さを人間一般まで拡張するのは良くない。
ここは謝罪しておく必要があるだろう。
「合理的に行動できる人類のみなさん、ごめなさい。」

そうこう逡巡している間に、ディーラーが全プレイヤーに2枚目のカードを配り終えた。
配る順番と同じくアクションの選択をするのも右端のプレイヤーからである。つまり、ぼくだ。
ディーラーがアクションの選択を要求する。
「ステイ」、迷いのない声で宣言した。
「そもそも合理的に行動できていれば、カジノなんかに来ていない。」
そう、開き直りである。

隣のプレイヤーは手札の合計が17なのでステイ。
その隣のプレイヤーは、手札の合計が9なので当然ヒット。
配られたカードはなんと7。
「あの時ヒットしていれば自分の手札は21になっていたのに」と思うが、仕方がない。
ディーラーがバストするのを祈るだけ。
ディーラーが2枚目のカードを引く。Jackだ。合計19。バストせず。

結局この後3連敗、1勝、3連敗で、5万ウォンのチップがなくなってしまった。
如何せん、ディーラーがバストしない。
額は少ないもののこんなに一瞬で全額負けるのは初めてだった。
負けるときは負けるとでもいうべきか。
いや、何も言えていない。

勝つときは勝つのである。ただ今はその時ではなかっただけなのである。
我々はパラダイスシティを後にし、セブンラックへと向かった。

【旅行記】韓国カジノ旅行~その3~【韓国】につづく




あとがき、というかひとり言


早いもので前回の投稿から2週間、韓国旅行から1カ月経とうとしています。
お前の投稿スピードが遅いだけじゃという怒鳴り声が聞こえてくるような気もするが無視無視。

マーケティングではターゲットの設定が重要と言われますが、今回の旅行記ではその設定が出来ていなく中途半端になってしまったと個人的には感じています。

今回の旅行記はカジノ(ブラックジャック)をメインにしています。
そのため、ある程度ブラックジャックについての知識がないと楽しんで読むことが出来ません。
もっとも、ブラックジャックの知識があったところで楽しめるクオリティからは程遠いかもしれませんが。

ブラックジャックについての知識がない人にも楽しんでもらおうと、ルールの説明を文中に挟みまくったのですでに十分知識がある人にとっては煩わしくなってしまったかもしれません。
また、その説明についても端折っていたり説明不足な点があると思っており、ブラックジャック初心者の方には分かりづらいものとなってしまったかもしれません。

まあ、あくまでも趣味で書いている旅行記なのでそこら辺はご了承ください。

2017年9月17日自宅においてベットでごろごろしながら。
ハヤシ

【旅行記】韓国カジノ旅行~その1~【韓国】

お久しぶりです。ハヤシです。

8月の頭に、これからは毎日ブログを更新しようと心の中で決意をしたものの、結局2回しか更新しないまま9月を迎えてしまいました。
ブログは趣味だからそんなに頑張って更新しなくても良いという気持ちと、仕事で疲れているから家にいる時間はゆっくりしたいという気持ちで半々です。

・・・

あ、ここ突っこむポイントです。分かりにくいですね。面白くないですね。すいません。
ともかく、これからはもう少し更新頻度を上げたいと思います。

気を取り直して本題です。

先日、2日間の夏季休暇を頂きました。土日と合わせると4連休になります。折角なので韓国(ソウル)に行ってきました。
社会人になってから初めての海外旅行です。
以下、いつものごとくエッセイ風旅行記です。どうぞ。

旅のはじまり


会社の上司に8月21日と22日に夏季休暇を取得して良いと言われた。
だが、この時点ですでに夏季休暇まで2週間を切っていた。
折角休みを貰ってもこんなに直前だと、旅行に行こうにも一緒に行く人が見つかるはずもな・・・

あった。Yくんである。
彼とは出身の大学は違うものの大学2年生の時に共通の友人を介して知り合った。
その際に、共通の友人そっちのけで意気投合して、今では年に2、3回ほど一緒に旅行に行く仲だ。
この春にはカンボジアに行ってきた。

カンボジアに行ってきた際の旅行記はこちらから↓
【旅行記】バンコクから陸路でカンボジア入国【カンボジア】

そして、もう1人Rくんが来れることになった。彼は同じ大学の後輩で某有名企業内定、イケメンという誰もが羨むハイスペックである。ただ、頭のねじが何本か抜けていると思われる言動が多々見られるのが玉に瑕。

何はともあれ、4連休は男3人で韓国旅行をすることになった。福岡に住んでいるYくんとは仁川空港で合流する。Rくんは土曜日に用事があるので日曜日にどこかのカジノで合流する予定である。

仁川空港で合流


機体不良により飛行機が成田空港をなかなか離陸しなかったため、予定より2時間ほど遅れた出発となった。
前日、寝るのが遅かったため機内に入るやいなや眠ってしまった。
あともう少しで仁川空港に到着するというタイミングで目が覚めた。
入国カードと税関申告書をもらわなければと上体を少し起こしたら、ひらりと紙が腰の位置から舞い落ちた。
拾ってみると、ハングル文字がこんにちは。韓国人用の入国カードであった。
どうやら眠っている間に入国カードが配られていたみたいだ。
日本でもたまに韓国人に間違われるが、韓国でも韓国人に間違われるとは。などと思っているうちに仁川空港に到着した。

とりあえず、Yくんに到着を報告しなければと空港に飛んでるWifiに接続した。ただ、とても弱い。
繋がったと思ったらすぐ切れるというのを数回繰り返して何とか連絡が取れた。どうやらC出口の前にいるらしい。
入国審査、税関申告を済ませC出口にたどり着き無事Yくんと合流することが出来た。

いざパラダイスシティへ


お腹が空いていたので、「カジノに行く前に空港で夕飯を食べよう」とYくんに提案した。
ぼくの提案は却下された。ご飯ならカジノでただで食べれるらしい。たしかに、カジノでただ飯にありつけるならわざわざ空港で小腹を満たす必要はない。
空港の近くに「パラダイスシティ」というカジノがあるので、まずそこに行くことにした。
仁川空港からパラダイスシティには、15分間隔で無料のシャトルバスが出ている。
シャトルバスに乗って5分も経たないうちにパラダイスシティに到着した。

パラダイスシティ
パラダイスシティ、2017年4月にオープンしたばかりの統合型カジノリゾートである。

正面から入るといきなり黄金のペガサスが現れた。黄金とは言っても黄金なのは右半分だけで、左半分は表皮がはがされて赤い真皮がむき出しになっているという何とも不気味なオブジェである。
黄金のペガサスをカジノ客と見立てると、これは身ぐるみをはいでやるというカジノ側のメッセージと受け取ることもできる。右半分がカジノに行く前で、左半分がカジノでお金を失った後という解釈である。考えすぎだろうか。

黄金のペガサス
黄金のペガサス、左から見ると表皮が剥がれて真皮が見えている。一体何を暗示しているのだろうか。

ペガサスの次は、巨大なカボチャが現れた。さながら、シンデレラに出てくるカボチャの馬車のようである。だとすると、先ほどのペガサスは魔法にかけられる前はねずみだったのであろうか。さあ、カボチャの馬車で今から舞踏会へ向かおう。

巨大な水玉かぼちゃ
巨大な水玉かぼちゃ、草間彌生氏の作品である。

舞踏会、ではなくカジノの受付に到着した。
まず、会員カードを作成することにした。パラダイスシティに限らず韓国のカジノは、会員カードを作ることでコンプなどの報酬や各種イベントなどお得なサービスを受けることができる。
また、新規会員登録の際に空港などで配布しているクーポン券を見せることでカジノで使えるベッティングクーポンを貰える。このベッティングクーポンは換金することができず、また使用できるゲームが限られているが、一度ゲームをプレイしてチップに替えることで自由に使うことが出来るようになる。

カジノクーポン
ソウルのカジノで使えるクーポン券、右からセブンラック、パラダイスシティ、ウォーカーヒル

受付で新規会員登録する際にクーポン券を見せた。
「今日はクーポン券要りません。クーポン券は明日以降使えます。」と少し片言ながら外国人にしては流暢な日本語で言われた。
どうやら、今はクーポン券とは別に新規入会キャンペーンをやっているのでクーポン券を使用せずに7万ウォン分のチップが貰えるそう。明日以降、パラダイスシティを訪れるとクーポン券を使用して別途7万ウォン分のチップを貰えるみたい。
Yくんはすでに会員登録していたので、ぼくだけがチップを貰った。チップとは別に記念品としてパラダイスシティオリジナルのトランプも貰った。

ベッティングクーポン
ベッティングクーポン、入会特典で貰った。7万ウォン分ある。
パラダイスシティオリジナルトランプ
記念品のトランプ、パッケージの俳優はパラダイスシティの広報大使キム・スヒョン。

てっきり1万ウォンのベッティングクーポンが7枚と思っていたが、5万ウォンと2万ウォンという単位で貰った。
このベッティングクーポンは、ブラックジャックなどのゲームでは使えず大小やルーレットなどでしか使えないらしい。

初陣


とりあえず、大小をプレイすることにした。
大小とは簡単にいえばサイコロを3つ振って出目の合計が大(11~18)か小(3~10)か当てるゲームである。
2人いれば、それぞれ7万ウォンを大と小に掛けて確実に7万ウォンをチップにすることができる。
ただYくんはベッティングクーポンを持っていないので一人で何とかするしかない。
1人でも5万ウォンのベッティングクーポンを大にもう片方の2万ウォンのベッティングクーポンを小に掛けるという掛け方をすれば確実に2万ウォンを獲得することはできる。
ただ、この掛け方をするのは個人的にはダサいと感じた。
なので、1ゲーム目に5万ウォンを掛けて2ゲーム目に2万ウォンを掛けることに決めた。
過去の出目は記録されていて、確認することが出来る。
ここ5ゲームの結果は古い方から「大、小、小、大、大」であった。
直感的に今は「大」の流れが来ていると感じた。
「大」が続いているから次は「小」が来ると考えることもできるが関係ない。
次は「大」が絶対来る。
直感といかもはや願望を抱きつつ、5万ウォンのベッティングクーポンを「大」に掛ける。
「チリンチリン!」ベッティングの終了を告げるベルをディーラーが鳴らす。
そして、賽が投げられた。
最近のカジノでは、ディーラーがボタンを押すことで自動的にサイコロが振られる。
なので実際には賽は投げられていない。
そんなことはどうでもよくて、えっと出目は、
「4、5、5」
14である。やはり、「大」の流れが来ていた。ディーラーから5万ウォン分のチップを受け取る。

パラダイスシティカジノチップ
パラダイスシティカジノチップ、合計5万ウォン分、日本円にすると約5000円である。

チップのずっしりとした重みが手に伝わる。開始早々5000円の儲けである。
やはり、流れは「大」に来ている。
そう感じ、再度2万ウォン分のベッティングクーポンを「大」に掛ける。
ベッティングの終わりを告げるベルが鳴る。
ディーラーがサイコロを振るボタンを押す。
出目は、「3、3、4」
なんでや阪神関係ないやろ
10である。「大」の流れが終わってしまったようだ。
とはいえ、期待値である3万5千ウォンを上回る5万ウォンを獲得できたので上出来であろう。

【旅行記】韓国カジノ旅行~その2~【韓国】につづく