【ブログ初心者必見】セルフバックのすゝめ

2017年11月19日

どうも、ハヤシです。

最近時間がないと言いながら(実際ない)、時間を無駄にしてしまっているので反省しています。
でも、家でゴロゴロしているのが至福なので仕方がないですね。
この3連休はひたすらゴロゴロしています。

それはともかく、この前初めてブログ収益を公開しました。

ブログを開始して半年経過したのでアクセス数と収益を公開してみる

その際に、10月のブログ収益の証拠画像として以下の画像をブログに貼りました。 

10月のブログ収益7円
10月のブログ収益7円、うまい棒すら買えやしない

ただ、みなさん10月のブログ収益よりその下の9月のブログ収益が気になったみたいです。

9月のブログ収益
9月のブログ収益、なんと1万円を超えています

そりゃ、10月のブログ収益が7円なのにそのひと月前のブログ収益が1万円を超えてたら気になりますよね。
「ハヤシの奴、いったいどんな魔法を使ったんだ」ということでブログを読んでくれてた友達数名から質問が飛んできました。
そんなに出し惜しみするような情報でもないので、その質問への回答として本記事を書きます。

結論から言いますと、当たり前ですが魔法は使ってません。
その代わり、セルフバックと呼ばれる方法を用いました。
「セルフバックとは何ぞや」となった人もいると思うので次の章でセルフバックについて解説します。

セルフバックとは


セルフバックの説明をする前に通常のアフィリエイトについての説明からします。
アフィリエイトとは、成果報酬型の広告システムのことです。
成果報酬型と言われてもピンと来ないと思うので、具体的な流れを説明します。

メディア(ブログやサイト)を持っている個人が広告プログラムと提携し自サイトにその広告を掲載します。
そして、そのメディアから商品の購入やサービスの利用がされると広告主からその成果に見合った報酬を受け取ることが出来ます。

以上がアフィリエイト広告による収益の仕組みです。
成果報酬型なのでブログに広告を貼っただけではお金は1円も入ってきません。
ですが、その代わり簡単に始めることが出来るのでメディア運営者に人気のある広告手段です。
また、広告主にとっても成果に応じて報酬を払うので、費用対効果が高い広告手段です。

それでは、セルフバックの説明に入ります。
一言でいうと、セルフバックはアフィリエイトの一種です。
セルフバックは別名自己アフィリエイトと言います。

自己アフィリエイトという名前からピント来た人もいると思いますが、要するにアフィリエイト広告で紹介されている商品(アフィリエイト商品)に自分で申し込むことによってその報酬を稼ぐアフィリエイト手段です。

セルフバックって儲かるの?


前章のセルフバックの説明を読んだあなたはこう思うはずです。
あれ?報酬は貰えるかもしれないけど、商品の申し込みをするんだから結局儲からないんじゃないの?

鋭いです。

基本的にセルフバックをするためには商品の購入またはサービスの利用が必要なため、出費が報酬を上回ってしまいます。

ただ、セルフバックする案件によっては報酬が丸々手元に残ります。

中でも特におススメなのがクレジットカードの申し込みです。
クレジットカードの申し込みは報酬がどれも1万円以上と高く、また年会費無料のカードを選べばカードの申し込みにお金がかからないのでセルフバック報酬で1万円近くが丸々利益となります。

実は9月の収益はセルフバックで楽天カードを作成した際に発生した報酬でした。

セルフバックを始めるための条件


セルフバックを始めるための条件を説明します。

・ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録する。

以上です。

え、これだけ?ってなると思います。
これだけなんです。実は、自分のメディアを保有している必要すらないんです。

ASPとは、要するに「アフィリエイト」のサービスを提供する事業者のことです。
ASPには、様々な種類がありますが一番有名なのはA8netです。

自分のブログがなくてもA8netが提供しているファンブログという無料のブログサービスがあるのでそれを用いることが出来ます。

セルフバックのやり方


それでは、本題のセルフバックのやり方の説明に入ります。
この章は、すでにA8netの会員登録を済ませていることを前提としています。

A8netトップ―ページ
A8netトップページ

A8netにログインしたらトップページのメニューバーにある「セルフバック」というボタン(オレンジ色の四角で囲った部分)をクリックしてください。
クリックするとセルフバック専用のページに移動します。

セルフバックページ
A8netセルフバックページ

セルフバック専用のページに移動したらここからセルフバックをする案件を探すことが出来ます。
クレジットカードの申し込みを行う場合は、「クレジットカード検索」というボタンを、その他人気のセルフバック案件の申し込みを行う場合は「ランキング」というボタンを押してください。

それでは、今回は楽天カードの申し込みを行いたいと思います。

セルフバック案件詳細
セルフバック案件詳細

それでは、案件詳細画面にある各項目の説明をします。

・成果報酬
案件の条件を満たすことで得られる報酬です。今回の場合13000円が貰えます。
・キャンペーン
その案件でキャンペーンが行われている場合に表示されます。楽天カードの作成は通常953円ですが、今回はキャンペーン中だったので報酬が13000円に増額されています。
このようにキャンペーン時とキャンペーン時でないときで報酬の額に差がかなりあるのでセルフバックを行う際はキャンペーンが行われているときに行うことをお勧めします。
・承認条件
承認条件にある条件を満たすことでセルフバックが認められます。
・否認条件
ここが1番大事です。ちゃんと読んでいないとセルフバックが認められない場合があるので注意してください。

成果報酬・承認条件・否認条件を確認して問題がなければ下の「セルフバック」というボタンを押して、そこからカードを作成してください。

セルフバック速報
セルフバック速報

カードを作成してマイページに戻ってセルフバック速報に申し込んだ案件が反映されていればOKです。
セルフバック速報に反映されてから確定するまでは案件によりますが時間が掛かります。
今回の場合だと8月の下旬に申し込んでセルフバック報酬が確定したのは9月の下旬ごろで丸1月程度かかりました。
また、確定した報酬が振り込まれるのはその翌々月なので今月(11月)に振り込まれることになります。

セルフバックを行う際の注意点


以上、セルフバックについての説明をしてきました。
クレジットカードを作成するだけで1万円も手にすることのできる夢のような方法ですが、注意点がいくつかあります。

①再現性がない
セルフバックで報酬が貰えるのは各案件につき1回までです。
なので、一通りセルフバック案件に申し込んだら新しく案件が追加されるまでセルフバックで報酬を手に入れることが出来ません。
無限に1万円が手に入るわけではないのでその点に留意してください。

②信用情報
これはクレジットカードを作成する場合に当てはまります。
クレジットカードを作成する際に、カード会社はあなたの信用情報を確認します。
クレジットカードを作りすぎるとあなたの信用情報に悪影響を及ぼす可能性があります。

以上が注意点でした。
このように注意しなければなれないこともありますが、セルフバックは上手く使うとブログ初心者の強い味方になってくれます。