【ボードゲーム】郵便馬車~THURN und TAXIS~

3月30日に根津にあるボードゲームカフェ、コロコロ堂で毎週木曜日に行われている夜コロに参加してきました。

第56回である今回のテーマは「赤ポーン」でした。
赤ポーンとはドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)を受賞した作品に贈られる称号で、その年発売されたゲームの中で最も評価が高かった作品に与えられます。
という訳で今回は赤ポーンを受賞した3作品(郵便馬車、ドミニオン、アンダーカバー)と赤ポーンは受賞してませんがドイツ生まれの子供から大人まで楽しめる名作「そっとおやすみ」をプレイしました。

本記事では、2006年に赤ポーンを獲得した郵便馬車について書きます。

ゲームの紹介


中世のドイツが舞台であり、各都市に自分の郵便網を張り巡らせていくゲームです。
2006年にドイツのハンス・イム・グリュック(Hans im Glück Verlag)から発売され同年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞しました。

簡単なゲームの流れ


まず、スタートプレイヤーを決め、以下時計回りの順番で進行します。プレイヤーは手番になったら以下の行動をこの順番で行います。

1:都市カードを1枚とって手札に加えなければなりません。
2:都市カード1枚を手札からプレイしなければいけません。
3:自分の前に置かれている郵便網を完成させることができます。

ゲーム進行画面

都市カードはゲーム盤の左に6枚表向きに置かれておりプレイヤーは手番の初めにそこからもしくは裏向きの山札から1枚手札に加える必要があります。
その次にプレイヤーは手札から1枚プレイする(郵便網を作る)必要があります。
都市カードはゲーム盤上の都市に対応しており、郵便網を作るには都市カードを一筆書きになるように(分岐や交差などをしないように)一列に並べる必要があります。
自分の手番に都市カードを置くことが出来ない場合は現在の郵便網のカードを捨て札にして、手札から1枚プレイして新たな郵便網を始めます。
都市カードを1枚置いた後に郵便網が3枚以上あれば現在の郵便網を閉じて郵便局を都市に置くことが出来ます。
郵便局の置き方には2種類あり、今回完成させた郵便網にある都市で「すべての地域に対して1都市ずつ」あるいは「1つの地域でその郵便網のすべての都市」のいずれかを選ぶことが出来ます。
郵便網の完成は手番で1枚プレイした後にしか行うことが出来ないので手番の開始時点で郵便網が3枚以上あってもその手番で都市カードを置くことが出来なければ現在の郵便網を捨て札にして新しく郵便網を作り直す必要があるので注意してください。

以上が手番の基本的な流れです。
それに加え、「公人の助け」というものを毎ターン1回使用することが出来ます。
これには4種類あり、どの能力を使用するかは自由に決めることが出来ます。

御者:プレイできる都市カードを1枚追加する。
郵便局長:手札に加える都市カードを1枚追加する。
郡長:表になっている都市カードをすべて取り替えることが出来る。
車大工:馬車カードを獲得する際に、実際に完成した郵便網の大きさに2を足すことが出来る。

郵便網を完成させた際に郵便網に含まれる都市カードの枚数に応じて馬車カードを獲得できます。
馬車カードは3から7まであり、都市カード3枚で郵便網を完成した場合には3の馬車カードを貰うことが出来ます。
馬車カードの大きさは1ずつ上がっていき飛び越えることが出来ないので、その次に都市カード5枚で郵便網を完成させても4の馬車カードを獲得することになります。

誰かが7の馬車を獲得する、もしくは郵便局をすべて配置した場合、そのプレイヤーは「ゲーム終了」のボーナスタイルを獲得し、スタートプレイヤーの右隣のプレイヤーが手番を完了させた時点でゲーム終了となります。

各プレイヤーは、以下の方法で自分の勝利ポイントを計算します。

勝利ポイント = 獲得した最も大きい馬車の勝利ポイント + ボーナスタイルの勝利ポイント - 未使用の郵便局の数

最も勝利点を獲得したプレイヤーが複数人いる場合はその中で「ゲーム終了」のボーナスタイルを獲得したプレイヤー、もしくはそのプレイヤーから時計回りに順番が最も近いプレイヤーの勝ちとなります。

ボーナスタイルには大きく2種類あり、「郵便網の長さのボーナスタイル」と「各地域のボーナスタイル」があります。
「郵便網の長さのボーナスタイル」は都市カードの枚数が5枚、6枚、7枚以上の郵便網を完成させた場合、その枚数に対応するボーナスタイルが貰えます。
「各地域のボーナスタイル」は1つの地域のすべての都市、あるいは併記されている場合は2つの地域のすべての都市に郵便局を置いた場合に貰えます。
どちらのボーナスも早く条件を満たしたプレイヤー程高い勝利ポイントのボーナスタイルを貰うことが出来ます。
また、「郵便網の長さのボーナスタイル」は同じプレイヤーが複数枚貰うことが出来ます。

結果&感想、そして反省


他プレイヤーを直接妨害するアクションがないので他のボードゲームに比べると個人プレイに近いという印象を抱きました。
ただ、各条件を満たすことで得られるボーナスタイルは条件を満たすのが速いほど点数が高くなるので、他プレイヤーの動きを踏まえてどのボーナスタイルを獲得しに行くのが最適なのかを考える必要があるので全くの個人プレイという訳でもありませんでした。
また、郵便網を作っている地域が近い場合必要な都市カードが競合するので、敢えて他プレイヤーの狙いと被せて妨害しに行ったり、妨害されないように異なる地域に郵便網を作りに行ったりと郵便網を作る際にも他プレイヤーの動向を考える必要があります。

最終盤面

結果は私26点、青色26点、黄色23点、緑色17点でした。
黄色の方が7の馬車を獲得し勝利条件を満たしたので同点の際のルールにより(勝利条件を満たしたプレイヤーから時計回りに一番近いプレイヤーが勝利する)私が1位を獲得しました。
私は2つのボーナスタイルのうち「地域のボーナスタイル」を優先しました。
理由は、郵便局を置く際に条件があるので、長い郵便網を作るほど郵便局を置く効率(置ける郵便局÷郵便網の長さ)が悪くなるのと、長い郵便網を作ろうとすると手札からプレイすることができずに捨て札になってしまうリスクが高くなるからです。
ただ、青のプレイヤーは「郵便網の長さのボーナス」を重視していた(ように私には見えた)にも関わらず最終スコアは私と同じなのでどちらのボーナスタイルを優先するかはあまり関係ないのかもしれません。

戦略(こうすると良さそう)


郵便局を置ける効率を意識することが1番だと思います。
郵便網を作り始める段階で「すべての地域に対して1都市ずつ」あるいは「1つの地域でその郵便網のすべての都市」のどちらの置き方を選ぶかを決め、前者の場合だと1つの地域から1都市のみで郵便網を完成させ、後者の場合だと1つの地域だけで郵便網を完成させるのが理想です。
後は、現在の郵便網の拡張と同時に次の郵便網を作る準備をしておくといいと思います。
現在の郵便網を作りながら余裕があれば次の郵便網を作るのに必要な都市カードを平行して獲得するといいと思います。

【ボードゲーム】VITICULTURE ~ワイナリーの四季~

3月23日に根津にあるボードゲームカフェ、コロコロ堂で毎週木曜日に行われている夜コロに参加してきました。

今回は、ポーションエクスプロージョンワイナリーの四季をプレイしました。ポーションエクスプロージョンについての記事はこちらから。

ゲームの紹介


舞台はワインの銘醸地イタリアはトスカーナ地方、プレイヤーはそれぞれ両親からワイナリーを受け継ぎます。
しかし、ワイナリーとは名ばかりで荒れ果てた土地、そして貧弱な設備にがっかりします。
家族の生活、一族の名誉のためにあなたはワイナリーの経営者となってワイナリーの再興を目指します。

ちなみに、英語版のタイトルは「VITICULTURE」でそのまま「ぶどう栽培」という意味です。
語源はラテン語のVITIS(=VINE,ワイン)+CULTURA(=CULTIVATION,耕す)ですね
。似た単語としては「AGRICULTURE(農業)」があります、これも語源はラテン語でAGR(=FIELD,畑)+CULTURAです。

簡単なゲームの流れ


まず、プレイヤーはワイナリーを引き継ぎます。パパカードとママカードを引くことでワイナリーの初期配置を決めます。

パパママカード(左パパカード、右ママカード)

私のパパはトレバー、ママはマーゴットになりました。
パパから1コインと親分(人のアイコン)、そして試飲台または5コインを選んで貰うことが出来ます。
私は試飲台を選びました。
また、ママから労働者(小さい人のアイコン)を2人、そして黄紫青のカードをそれぞれ一枚ずつ貰います。
各色のカード、親分、労働者、各種設備にはあとで説明します。

ブログを書いていて気付いたのですがパパカードとママカードの配置が逆ですね。
これだと別居状態ですね(笑)

ワイナリーの四季では1ラウンドは春夏秋冬、そして年末の5フェイズからなります。
1ラウンド(1年)を繰り返し、プレイヤーの1人が20VP(Victory Point)を超えたらその年の年末までプレイをし最終的にVPが一番多い人が勝利者となります。
つまり、一番最初に20VPを超えても年末までの間に逆転される可能性もあるということですね。

次に、各フェーズの説明をします。

◆春フェイズ
起床計画表を立てます。
親番から時計回りに起床計画表の1~7の数字のいずれかに自分の駒を置いていきます。
この親番は毎年時計回りに交代します。プレイヤーは数字に対応するボーナスを得ることが出来ます。
たとえば、赤色のプレイヤーは数字の6に駒を置いているので1VPを得ることが出来ます。
そして、数字の若い順にその年の各フェーズをプレイします。
数字が小さいほど早く行動することができる一方で数字が大きいほどボーナスの効果が強くなります。

起床計画表、これでその年のプレイ順を決めます

◆夏フェイズ
労働者コマを夏季アクションゾーンに配置します。
夏季フェイズで配置した労働者を冬季に使用することはできません。
各アクションゾーンにつき置ける労働者コマの数はプレイ人数によって異なり4人プレイの場合では最大2コマ置けます。
また、各アクションに最初に労働者コマを置いた場合、追加でもう一枚カードが引けたりVPポイントが貰えたりとボーナスがあります。親分のコマはすでにアクションゾーンが埋まっている場合でもアクションゾーンに置くことができます。
しかし、その場合ボーナスをもらうことはできません。
夏季アクションゾーンでは主にワイン醸造の準備を行います。

ワイナリーの四季盤面

◆秋フェイズ
訪問カードを1枚ドローします。
黄色、青色のカードはそれぞれ夏季訪問者カード、冬季訪問者カードであり、それぞれ夏季、冬季に訪問者アクションゾーンに置くことでカードを使用することが出来ます。

◆冬フェイズ
労働者コマを冬季アクションゾーンに配置します。
冬季アクションゾーンでは主にぶどうの収穫、ワインの醸造を行います。

◆年末フェイズ
労働者コマの回収やぶどう、ワインの熟成を行います。

ワイナリーボード

各プレイヤーはゲーム開始時に3つのブドウ畑を持っており、夏フェイズで植樹アクションを行うことでブドウ畑にぶどう(緑のカード)を植えることが出来ます。
緑のカードはぶどうの樹購入アクションを行うことで入手することができます。
また、各種施設は建設アクションを行うことで建設することが出来ます。

結果&感想、そして反省


ルール説明書が20ページもあるのでインストだけで40分近く掛かりました。
ゲームを始めるまでにすでに脳みそが悲鳴を上げてしまいました(笑) 実際のプレイ時間は約2時間くらいで合計で2時間半程度でした。
ゲームの序盤はワイン醸造の準備にあたりVPの増加がとても緩やかでした。
しかし、ワインを醸造し出荷する段階になると一気にゲームが動き出し最終年で全員が20VPを超え、25VPを超える大混戦となりました。
私は最終年の行動順が最後になってしまったため、訪問者カードを思うように使えなかったりして最終年でVPをあまり稼ぐことができませんでした。
感想としては、訪問者カードがとにかく強い!訪問者カードは全部異なりそれぞれ効果が違います。
ワインの出荷で3~6ほどVPを稼げますが当たりの訪問者カードではそれと同じくらいのVPを獲得することが出来ます。
後は最終年の順番が大事でした。ゲームが終盤になるにつれて手番の速さの重要性が増し起床計画表を立てる際に親番から1、2,3と埋まっていき最後の人が6を選び1VPを獲得する流れになっていました。

最終結果、全員が20VP3人が25VPを超える大混戦

戦略(こうすると良さそう)


序盤はお金が不足するので、ブドウ畑を売ってお金に換えるのがいいと思います。
一度プレイしてて感じたのはブドウ畑は3つも要りません。2つで十分です。
ブドウ畑は後で売った額と同じだけ払うことで買い戻すことが出来るのでなんなら2つ売ってしまってもいいかもしれません。
それだけ序盤はお金が不足します。
ブドウ畑を売って得たお金で労働者を増やし設備を拡張します。
宿泊施設を真っ先に建設するのがおすすめです。
宿泊施設があると秋フェイズで引ける訪問者カードの枚数が1枚増えます。訪問者カードがゲームの展開を大きく左右するこのゲームではいかに強いカードを手に入れるかが大事なのでカード入手の回数が増える宿泊施設はとても強いです。
また、貯水タンクも早めに建設することを推奨します。
貯水タンクを持っていないと品質の高い(数字の大きい)ブドウの樹を植えることができないからです。
ゲームの中盤から終盤にかけては中規模セラーおよび大規模セラーが必要になります。
ただ必要なお金が二つ合計で10コインと多くまたゲームの序盤ではあまり必要とはならないので無理して早い段階で建設する必要はありません。
以上が簡単な戦略となります。
後は訪問者カードの引きの強さ勝敗が決定します。

【ボードゲーム】ポーションエクスプロージョン

3月23日に根津にあるボードゲームカフェ、コロコロ堂で毎週木曜日に行われている夜コロに参加してきました。

今回は、ポーションエクスプロージョンワイナリーの四季をプレイしました。ワイナリーの四季についての記事はこちらから。

ゲームの紹介


プレイヤーは、魔術学校の生徒となって薬品学部を卒業するために薬品を作ります。薬品を作るためには、まず排出器から毎ターン材料(以降ビー玉、赤色のビー玉は赤玉のように略す)を1つ取る必要があります。そして、ビー玉を調合して薬品を作ります。薬品にはそれぞれ点数が与えられており、ゲーム終了時点で点数が一番高いプレイヤーが勝利します。

 生徒諸君、

薬品学部の最終試験の時間だ! 規則は例年と変わりない。薬品研究所の排出器より材料を取り、他が落ちてくるのを確認する。同じ色のビー玉がつながったら、爆発が起こり……それも手に入れることができるのだ! 集めたビー玉で薬を完成させ、その薬品を飲んで魔法の力を解き放て。ただし、忘れないこと。主席の表彰を受けるためには、素早く作るだけではまだ足りぬ。できるだけ価値の高い薬品を合成しなくてはいかんのだ! 幸運を祈る!

魔術学校 校長 アルベダス・ハンブルスコア

簡単なゲームの流れ


ゲーム画面(左上が排出器、右手前が薬品タイル)

プレイヤーは毎ターン排出器からビー玉を1つ取ります。ビー玉を取った後同じ色のビー玉同士の衝突(ゲーム内の用語では爆発)が起こればそのビー玉も得ることが出来ます。たとえば、上の写真で1番奥の下から4つめの赤玉を取ったとします。すると、黒玉が衝突するのでこの衝突した2つの黒玉を取ることが出来ます。衝突は連鎖することができ、今回の場合は黒玉を獲得した後に青玉の衝突が、青玉を獲得した後に赤玉の衝突が起こるので1列すべてのビー玉を獲得することが出来ます。

薬品タイル(左2つが薬品タイル、右が材料タイル)

プレイヤーはターンの初めに獲得したビー玉を薬品タイルに置きます。このとき、ビー玉が置ける場合は必ず置く必要があります。もし置けない場合は材料タイルに最大3つまでビー玉をキープすることが出来ます。薬品が完成した場合はタイルの左肩に書かれている数字を得ることが出来ます。今回の左から2つめのタイルの場合だと完成させると9点を獲得できます。

薬品の効果

調合した薬品はポイントとしてゲームの勝敗に直結するだけでなく、作成した薬品につき1回アイテムとして使用することが出来ます。今回は4人プレイだったので知恵薬と多彩歓喜薬は用いませんでした。

逢引薬:排出器の同じレーンにある、隣同士の異なる色の材料2個を選んで獲得する。

深淵微集薬:排出器の各レーンの一番下から、材料を各色につき最大1こずつまで獲得する。各レーンからは材料は1つしか獲得できない。

超粘軟膏:連続する同じ色の材料2個以上を選んで獲得する。

盲目愛薬:プレイヤー1人のプールの材料をすべて奪う。

時砂薬:あなたがすでに使った薬品1つの効果を再び発動する。

溶岩術濾過薬:1つのレーンにある1色の材料を最大5個まで選び、それを排出器のタンクに捨てる。

薬品は自分のターンの任意のタイミングで任意の個数を使うことが出来ます。ただし、薬品によって爆発は発生しません。薬品とは別に助力トークンというものがあり、2ポイント払うかわりに知恵薬と同じ効果を得ることが出来ます。こちらについては、各ターン最大1回までしか使用することが出来ません。

プレイヤーは「同じ種類の薬品を3枚以上」または「異なる5種類の薬品」を作ることで技能トークンを得ることができ、場にあるすべての技能トークンがなくなった後、一番最後のプレイヤーがターンを終了した時点でゲーム終了となります。技能トークンは4ポイントとして計算され、場に技能トークンがなくなった場合でも、取得条件を満たせばポイントを獲得することが出来ます。今回は4人で行ったので技能トークンは6枚でした。

結果&感想、そして反省


結果から言うとゲーム終了時に68点で1位の72点と僅差で2位に終わりました。4人でプレイしてインストを含めだいたい1時間30分くらいかかりました。全体的に長考(とくに私)だったのでインストなしでさくさくプレイすると40分くらいで遊べるのかなと思います。勝敗を分けたのは盲目愛薬だったのかなと思いました。1位の人は盲目愛薬と時砂薬を駆使して計5、6回ほど私たちの材料タイルにあるビー玉を搔っ攫っていきました(笑) 逆に、溶岩術濾過薬はくせがあって使い辛かったです。ビー玉を取る前に用いて爆発を起こせる配置にするのが妥当な使い道だと思いますが、上手く使用できる場面が少ないのとそれ自体ではビー玉を獲得することができないので他の薬品よりかは弱いと思います。私は、結局ゲーム終了時まで使いませんでした(使えませんでした)。

戦略(こうすると良さそう)


当たり前ですが、とにかくたくさん薬品を作る!

これに尽きると思います。薬品や助力トークンの出し惜しみをせずにルール上の上限である毎ターン2つ薬品を作ること、できない場合は満遍なくビー玉を配置するのではなく片方に集中し最低でも1つは薬品を作ることを目標にするといいと思います。作った薬品はアイテムとしてつかえるので、排出器の盤面と薬品パネルに左右されますが、助力トークンと薬品2つを使うことで毎ターン2つの薬品を作るというサイクルは案外簡単に作れます。助力トークンを用いても1つしか薬品を調合することができない場合は助力トークンは使わないべきだと思います。薬品が作れない場合の-2点は大きいです。あとは、技能トークンのボーナスを効率良く回収するのと、盲目愛薬を相手に取らせないことくらいで他は排出器の盤面次第なのかなと思います。