【WordPress】SHH接続でサイトURL名をすっきりさせる方法

wordpress-logo

はじめに


上の画像を見て何か思うことはないでしょうか。

ん?何も思わない?

もういちど良く見てください。

ダサい。

そう絶望的にダサいのである(大事でもないけど2回言う)。

レンタルサーバーにWordPressをインストールした後、そのまま設定を変更しないでいると、ブログURLの後ろに「wordpress」やら「wp」などの余計なものがついた状態になっています。

今回は、このブログURLについている余計な部分を消す方法を紹介したいと思います。

この記事を読めばあなたのサイトのURLは以下のようにすっきりと表示させることができるようになります。

大まかな流れ


今回紹介するサイトURLを変更する方法の全体の流れは以下のようになっています。
①サイトアドレスのURLを変更
②レンタルサーバーに接続
③index.phpのディレクトリを変更
④index.phpを変更

今回はSSH接続でリモートからサーバーにアクセスして、サーバー上でindex.phpの編集を行います。

前提条件


前提条件というか、ぼく側の動作環境について。サーバーやOSなどの動作環境が異なると挙動が異なる恐れがあるので事前にご了承ください。
レンタルサーバーはロリポップを使用しています。
OSはWindows10を使用しています。

サイトアドレスのURLを変更


まず、WordPressにログインします。
ログインできたら、左側のメニューから「設定」→「一般」とクリックして「一般設定」画面に移動してください。

「一般設定」画面にあるサイトアドレスから「wordpress」を削除して変更してください。
そうするとサイトアドレスが本来表示したいアドレスになります。

ただ、この時点ではこのアドレスで意図するページにアクセスすることはできません。
それは、サイトアドレスを変更したものの、サーバー上でのファイルの位置を変更していないからです。
つまり、このURLで参照される場所にはファイルが存在しないのです。
なので、ファイルを読み込む場所を変更する必要があります。

レンタルサーバーに接続


Tera Termを使ってロリポップのサーバーにSSH接続をします。
接続方法は、以前の記事を参考にしてください。
【WordPress】SSH接続でWordPress作成

index.phpのディレクトリを変更


WordPressのインストール方法にも拠りますが、おそらく初期状態ではindex.phpは/wordpress/というディレクトリにインストールされます。ファイルを読み込む場所を変更するには、まずindex.phpを/wordpress/というディレクトリと同じ階層に移動させてあげる必要があります。

WordPressインストール時のディレクトリ構成図
index.phpを移動させた後のディレクトリ構成図
Tera Term上でのコマンド実行画面

index.phpの保存場所を変更するために、Tera Term上でLinuxコマンドを使用します。
今回使用したLinuxコマンドについてはのちほど詳細を解説します。

mv index.php ../

ざっくりと説明するとwordpressのディレクトリ上で上記のコマンドを入力することでindex.phpをwordpressと同じ階層に移動することができます。

index.phpを変更


index.phpを一旦ダウンロードしてローカル上で編集して再度アップロードするという方法でもサーバー上のindex.phpを書き換えることはできます。
ただ、今回はリモートでファイルの中身の書き換えも行おうと思います。

index.php(編集前)
index.php(編集後)
vi index.php

index.phpが存在するディレクトリで上記のコードを入力することでvi(vim)が立ち上がりindex.phpを編集する画面に移動します。vi(vim)エディタの使い方の詳細についてはのちほど解説します。

//before
require(dirname(_FILE_), '/wp-blog-header.php');
//after
require(dirname(_FILE_), 'wordpress/wp-blog-header.php');

index.phpの/wp-blog-header.phpという部分の前に/wordpressと追加してください。
これでサイトURL名の変更は完了です。お疲れさまでした。

Linuxコマンドの詳細な解説


Tera Term上でのコマンド実行画面

改めて今回使用したLinuxコマンドの詳細を解説していきます。

pwd #カレントディレクトリを絶対パスで表示します。

簡単に言うと、ディレクトリ階層上の現在地を表示します。前述のディレクトリ構成図の場合、wordpressというディレクトリでpwdを使用すると、/example.jp/wordpressという値が表示されます。

dir #カレントディレクトリにあるファイル・ディレクトリを表示します。

前述の例のwordpressというディレクトリでdirを使用すると、wp-admin, wp-includes, wp-contentのディレクトリとindex.php, wp-config.phpのファイルが表示されます。

cd dirname #カレントディレクトリを変更します。

dirnameに変更したいディレクトリ名を入力することでカレントディレクトリを変更します。
ディレクトリの指定には相対パスと絶対パスの両方を使うことが出来ます。

mv index.php ../ #ファイルを移動します。

上記のコマンドの場合、index.phpを../というディレクトリに移動するという意味です。../は相対パスによる指定であり、1つ上のディレクトリを指します。

Viコマンドの詳細な解説


vi index.php #vi(vim)エディタを開きます。

それでは、viエディタで最低限必要なコマンドを解説していきます。

「編集コマンド i」
コマンドモード(デフォルトの状態)でこのコマンドを入力することで編集モードに移動することが出来ます。編集モードの場合は、エディタの下の方にINSERTと黄色い文字で表示されています。

「編集モードを終了するコマンド Esc」
編集モードでエスケープキーを入力することで、編集モードからコマンドモードに移動することが出来ます。

「Viを終了するコマンド :q」
コマンドモードでこのコマンドを入力することでviエディタを終了することができます。このコマンドを使った場合は編集した内容は保存されません。

「保存してViを終了するコマンド :wq」
コマンドモードでこのコマンドを入力することでviエディタを終了することができます。このコマンドを使った場合は編集した内容は保存されます。

一応最低限これだけ覚えていればindex.phpを変更することができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です