【旅行記】カジノの街ポイペトで一稼ぎ?【カンボジア】

前回の記事【旅行記】バンコクから陸路でカンボジア入国【カンボジア】

カジノの街ポイペト


ポイペトの街について簡単に説明をしておこうと思う。ポイペトはタイのアラヤンプラテートと面するカンボジアの入り口である。また、ポイペトは密貿易のセンターでもあり、禁輸品ははじめとして多くの物資がアラヤンプラテート側の市場へと流れ込んでいるそうだ。
トゥクトゥクでイミグレーションに向かう道中に市場を見かけたが、そこでポイペトから密輸された物資が売られていたのであろうか。

そして、ポイペトはカジノ街である。これが今回の旅行でこの街を訪れた1番の理由である。ちなみに、もう1つの理由はバンコクから直接シェムリアップまで陸路で移動するのは体力的にしんどいからである。
タイでは法律で賭博が禁止されている。そのため、タイ人富裕層はわざわざ隣国であるカンボジアまでカジノをするために足を運んでいるのである。
そう、ポイペトはタイ人のために存在するカジノ街なのである。
カンボジアでは基本的に自国の通貨であるリエルと米ドルが流通しているが、このポイペトに限ってはバーツのほうが使い勝手がいいのである。
また、ポイペトの人たちは母国語であるクメール語に加えてタイ語を話すことが出来る人が多い。おそらくこの街ではいい職業に就くためにはタイ語を話すことが必須なのであろう。

入国手続きが終わり、いざスターベガスへ


どのカジノに泊まって遊ぶかはYくんが調べてくれていた。
Yくんによると、「スターベガス」というカジノホテルがポイペトの中では一番規模が大きく、サービスも充実しているそうだ。
しかも、プロモーションチップを購入することで無料でホテルに宿泊できるらしい。
プロモーションチップとは、換金することができないチップのことである。もちろん、プロモーションチップでゲームをプレイして得たチップは換金することが出来る。カジノ側としても、プロモーションチップに替えてもらうことで少なくともその額はプレイしてもらえるにで、売上が読めるようになるという利点がある。そのため、宿泊費を無料にするなどのサービスを付けてプロモーションチップに替えてもらおうとするのだ。

「ポイペトにポーカーの卓があるカジノってありますか」
入国手続きの列に並んでいる際にYくんが前述の日本人のおじいちゃんに尋ねた。どうやらYくんはポーカーをやりたいらしい。
「オレはスロットしかやらねえから分かんねえが、なじみの店にはないな、どのカジノに行く予定なのかは決まってんのか」
「スターベガスに行こうと思っています」
「あそこは新しいしあるかもしれないな」
あるかもしれないらしい。そうこうしているうちに入国手続きが終わった。
「スターベガスはつぎの道を左に行ったところにあるよ、それじゃあな」
おじいちゃんは別のカジノに行くので入国手続きを済ませた後別れた。

数時間前のスコールでぬかるんだ道を10分ほど歩くとそれらしき建物が見えてきた。

スターベガスに到着、でも・・・


スターベガスの入り口には、タイのパタヤで走っているソンテウに似た送迎車が停まっていた。
「初めからあれに乗れば良かったじゃん」
とYくんと笑いながらカジノホテルのフロントに向かった。

ホテルにチェックインしようとフロントへ向かったが、どうやらスターベガスは満室で泊まることが出来ないそうだ。
スターベガスから5分ほどさらに歩いたところに「スターパラダイス」という系列店があるらしく、そちらは泊まることができると言われた。当初の予定からは外れるが、その系列店にもカジノはあるらしいのでスターパラダイスにいくことにした。

スターパラダイスに行く前に、せっかくなのでスターベガスのカジノを見学することにした。
仰々しいセキュリティチェックを抜けてカジノ内に入ると、意外と奥行きがあって広かった。
まだ夕方と時間も早いこともあり半分くらいのテーブルは使われていなかったが、それなりに活気があった。
ぶらりと場内を一周しながらYくんお目当てのポーカーを探していたが、その時点で遊ばれている卓に見つけることはできなかった。
タイ人はバカラが好きなのか、大半の卓がバカラをプレイしておりブラックジャックは2,3卓しかなかった。

一旦、スターベガスを後にしてスターパラダイスに向かった。スターベガスのフロントで言われた通り5分ほど歩くと同じような建物があった。

スターパラダイスのフロントでホテルのチェックインを済ませた。
土曜日だったので平日の1.5割増しの宿泊料だったが、仕方がない。また、プロモーションチップもなかった。

部屋に入る前にスターパラダイスのカジノも見学した。スターベガスと比べて小さく、またプレイされているテーブル数も少なかった。
「ここはないな」とYくんと意見が一致してポイペトの街を散策してからスターベガスでカジノをすることにした。

あとがき(2017年10月23日追記)


カンボジア旅行記は以上で終わりです。
敢えて中途半端な状態で終わらせることによって読者が想像する余地を残す高度な技法を用いました。

嘘です。正直に言います。途中で力尽きました。

また、懲りずに別の旅行記を書いているのでそちらもよろしくお願いいたします。

【旅行記】韓国カジノ旅行~その1~【韓国】